【中高生募集!】2/24(月・祝)近江八幡未来づくりキャンパス(ESD版)公開セミナー「地域の未来のカタチを考える 〜中高校生のためのグループワーク〜」

2020年2月24日(月・祝) 10:00〜16:30(開場 9:30)
会場:ラ コリーナ近江八幡

近江八幡未来づくりキャンパス(ESD版)公開セミナー
「地域の未来のカタチを考える 〜中高校生のためのグループワーク〜」

===============
すぐにお申し込む方はこちら
===============

近江八幡市にて、「地域の未来のカタチを考える 〜中高校生のためのグループワーク〜」を開催します。

京都大学 森里海連環学教育研究ユニットと一緒に、私たちが普段生活している「地域」について一緒に観察し、未来のカタチを考え語り合う公開セミナーです。

滋賀県の農村風景がギュッと凝縮された「ラ コリーナ近江八幡」で、
京都大学の先生や研究者や、滋賀県にいる大学生や社会人と対話しながら、
近江八幡を一緒にフィールドワークやヒアリングも行い、
私たち一人ひとりに何ができるのかを一緒に考える一日。
そんな、中高生のためのグループワークを行います。

・普段出会えない大学の先生や大学生と話してみたい!
・「SDGs」に興味がある、聞いたことがある、学びたい!
・やりたいことがまだ見つかってないから、何かヒントを見つけたい!

ぜひ、みんなでワクワクする学びと出会いの時間を作りましょう!!

■セミナーの3つのポイント

その1、普段出会えない研究者や大学生と話す、新しい発見と出会いの機会!
SDGsの達成を目指して、わたしたちに何ができるのかを考えるグループワークでは、大学生たちと一緒に一人ひとり丁寧に考えていきます。

その2、身の回りのことから、SDGsを考えよう!
今回は、わたしたちの生活に最も密接な「水」がテーマです。「京都大学 森里海連環学教育研究ユニット」の研究者が講師となって、高校生でもわかりやすく地域循環の読み解き方をレクチャーし、地域の未来のカタチをみんなで考えます。

その3、将来の目標を見つけよう!
「わたしたちに何ができるのか」の視点を大事にしています。私たちの身の回りのことから、SDGsや地域循環について学び、地域の課題を自分ごととして考えることが、将来の目標を見つけるチャンスになります。

===============
お申し込みはこちら
===============

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■企画概要

◆日時
令和2年2月24日(月・祝) 10:00〜16:30(9:30開場)

◆会場
ラ コリーナ近江八幡
(〒523-8533 滋賀県近江八幡市北之庄町615−1)

◆会場までのアクセス
セミナー会場は、一般のお客様が立ち入りできないエリアにございます。
当日はメインショップ入り口にて受付し、会場まで誘導させていただきます。

◆参加対象者
○近江八幡市内在住または市内の学校に在学する中高校生
○持続可能な地域の未来づくりに興味のある中高校生
○SDGsに興味のある中高校生
○将来の目標や、やりたいことを探している中高校生

◆定員
20名(先着順)

◆参加費
無料(ただし、当日の昼食はご持参ください)

◆申込〆切日
2月20日(木)17時まで

◆申し込み
お申し込みはこちら

■プログラム概要

○イントロダクション(10:00〜10:30)
高校生や大学生とチームをつくろう。
○水のサンプリングと分析作業(10:30〜12:00)
実際に地域の中で情報を集めて、教室で分析をしてみよう。
○休憩(12:00〜12:30)
○分析結果の解説と全体レクチャー(12:30〜13:30)
科学者の視点から、地域の全体像をみんなで共有しよう。
○地元インタビュー(13:30〜14:30)
データだけでは分からない話を、地元の人にインタビューしよう。
○グループワーク(14:30〜15:30)
わたしたち一人ひとりに何ができるのかを考えてみよう。
○全体発表と総括(15:30〜16:00)
みんなで気づきや学びを共有しよう。

◆近江八幡未来づくりキャンパス(ESD版)とは?
地域を持続可能に変革していく次世代の担い手の育成を目的として、ESDの観点を取り入れ、若者が知識の習得にとどまらず、自ら主体的に地域の課題を解決する実践力を養う仕組みづくりをめざす取り組みです。

◆未来づくりキャンパスとは?
近江八幡未来づくりキャンパスは、平成27年10月に策定された「近江八幡市まち・ひと・しごと創生総合戦略」に基づく人材育成プロジェクトです。近江八幡の自然と文化を受け継ぎ、地域に根ざし自立した暮らしと営みをつくるため、市民が自らのこととして町の未来を考え、未来を担う世代を育むことを目的としています。

◆ESD(Education for Sustainable Development)とは?
環境や貧困、人権といった現代社会の課題を自らの問題として捉え、身近なところから取り組むことにより、それらの課題の解決につながる新たな価値観や行動を生み出すこと、それにより持続可能な社会を創造していくことをめざす学習や活動。

◆主催
近江八幡市

◆協力
京都大学 森里海連環学教育研究ユニット

◆お問い合わせ
近江八幡未来づくりキャンパス事務局
(運営:まちづくり会社㈱まっせ)
mail:info★massee.jp

※★を@に変えてお送りください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)