地域資源活用塾 第3期【DAY2レポート】

平成30年10月12日、近江八幡商工会議所にて、「地域資源活用塾(第3期)」のDAY2を開催いたしました。

◆チェックイン


講座の開始前に、まずアイスブレイクを実施しました。
テーマが近いメンバーで仮に構成された各班ごとに、「自己紹介」と「24時間以内にあった良かったこと」を共有します。


◆宿題(プラン)発表


アイスブレイクが終わったところで、DAY1の宿題を発表していきます。

ワークシート3枚を使って、自分のビジョンやプランを各自2分で伝えてもらいます。

 


・西の湖で子どもたち向けの創作体験をし、遊んで感じて学べる場所にする

・空き町家を活用し高齢者が安心して暮らしていけるまちをつくる

・沖島で島民と暮らしを共にし高齢化現象等の問題解決に取り組んでいく

・高校生がもっとまちづくりに関わっていけるようにする

など、多くのプランが発表されました。

 

 

◆グループづくりへ


それぞれのプランを共有した後は、チーム結成に向けた情報の整理を行います。


プランの方向性が近い方々が集まって、4つのグループが出来ました。
※無理にグループを作る必要はなく、個人での活動ももちろん可能です。

結成したグループは、この半年間の塾で3月までに活動を形にしたい方が中心となって動いていきます。



◆講義


DAY2の講師は、合同会社喜代七代表の山元圭太(やまもと・けいた)さん。滋賀県草津市のご出身で、現在は全国のソーシャルベンチャーやNPOのコンサルティング、支援を行われています。DAY2講師に加え、各回ワークショップなど塾生のトータルサポートも行ってくださいます。



今回は、普段の4回分の講義を凝縮し、「アクションプラン作成」についてご講義してくださいました。


・アクションプランをつくるまえに


まず本題に入る前に、ビジネスには「エコノミック(経済)」「ソーシャル(社会)」「ライフ(生業)」の3種類があり、各塾生のプランがどれなのか、また、どのような割合なのかというお話からスタート。正解があるわけではないのですが、極端にどれかに偏っていたりすると危険で、3種類全てが入っていれば一番良いとのことでした。

また、自分たちのプランが「まちにどれだけ必要なことなのか(ソーシャル度)」と、「気持ちの入っている度合い(入魂度)」といったベクトルで現在から3月までにどこまでもっていきたいのか確認しました。

 

・アクションプランづくり


そして、本題に入っていきます。ソーシャルビジネスを成立させる5つのステップのうち、3つの要素を集中的に教わりました。


一つ目は「問題構造」(調査/分析計画づくり)

地域調査は、対象となる地域の人々のことを理解でき、活動の対象者がいることを第三者に伝えられるのでやると良いとのことです。

また、地域調査の方法は「聴く」「調べる」「測る」の3ステップがあります。「聴く」は対象者のことを知り、「調べる」は聞き取った話から出来た仮説を裏付けるために統計や先行研究を調べ、「測る」は仮説が正しいかどうかをより多くの人を対象にアンケートを行い確かめることだそうです。

 


二つ目は「問題解決仮説」(問題解決事業づくり)

ここでは、3月までにどんな活動をしていくのかより具体的にイメージしやすいようにと、奥出雲町での取り組みの事例を山元さんよりご共有いただきました。

活動計画づくりには、「何を実現するために」、「何をするのか?」、「そこに誰に参加してもらいたくて」、「いつ/どこでなら参加しやすいか?」、「これからをどうやって実現させるのか?」の5つのポイントが大事だということです。

 


三つ目は「財源基盤」(資金調達計画づくり)

資金源は大きく分けて「会費」「寄付」「事業収入」「助成金」「委託」の5つがあります。資金調達のしやすさ、使う際の自由度など、それぞれに特徴がありますが、活動を持続可能なものにするためには、一つの資金源に依存するのではなく、活動のフェーズごとに使い分け、組み合わせていくことが重要だ教えていただきました。


各テーマが切り替わるごとに、山元さんが塾生に質問を聞いて下さったり、グループ内共有の時間を設けて下さり、会話が行き交うような講義になりました。

 

 

◆グループワーク&相談タイム


講義が終了し、講義内容を踏まえ、各グループごとに感想や意見、各々のプランの今後についてなどを共有し合いました。

 



次の講義までに、各グループでアクションプランづくりを実施して本格的に動いていく準備をする予定です。

次回の地域資源活用塾DAY3は11/17(土)10:00~、会場はひまわり館での開催予定です。

テーマは「幸雲南塾の取組と雲南市におけるソーシャルビジネスの展開について」。

NPO法人「おっちラボ」事務局長の小俣健三郎氏を講師にお招きします。

 

聴講だけでも参加可能ですので、ご興味お持ちの方はご連絡の上、ぜひ足を運んでみてください!


【お問い合わせ先】

近江八幡市 総合政策部 政策推進課

〒523-8501 近江八幡市桜宮町236番地

TEL:0748-36-5527

E-Mail:010202@city.omihachiman.lg.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です