地域資源活用塾【第2回 レポート】

波乱のDAY1(前編後編)の翌日、「地域資源活用塾DAY2」がスタートしました。

■講座について再度共有

DAY2は、講座の趣旨と参加者の要望のすり合わせから。

講師の山元さんから再度、今回の「地域資源活用塾」が目指すこと、そのために取り組むことを説明していただきました。

近江八幡をよりよくするために、いろいろな想いを持った方が参加している本イベント。

規模の大小はあれど、行政への要望ではなく、「自分が取り組むこと」を形にしていくという趣旨を共有しました。

 

■「プラン宣言シート」作成&発表

その後行ったのは、「プラン宣言シート」による、各自のプラン作成。

自己紹介、取り組むプランの名前と目的、大まかな内容、一緒に取り組んで欲しい人のイメージ(求人)を書き出していきます。

一通り書き終えたら、発表タイムへ。

 

持ち時間が決められた中での発表でしたが、皆さん端的に、自分のやりたいことをお話されていました。

 

■チームビルディング(再結成)

「プラン宣言シート」を発表した後は、チーム再結成の時間へ。

発表者はテーブルに着き、そのテーブルを他の参加者が行き来しながら、質問や意見交換を行います。

 

この5ヶ月間を一緒に活動するチームということもあり、皆さん真剣に議論されていました。

入念な議論のあと、無事に5チームが成立!
後半ではチームでの活動計画を作成し、2日目は解散!

day3までに、各チームごとに地域活動調査に取り組んで来ていただきます。

本日の活動計画がさらにより良いものになるよう、サポートしてまいります。